試聴する

白い街角

この曲の表示回数 13,934
歌手:

サスケ


作詞:

北清水雄太


作曲:

北清水雄太


時計台の前で 五本目のタバコに火をつけ
白いダッフルコートの君を待ってる
石段に腰かけ 身を寄せ合う恋人たちを
気がつくと 眺めてしまってる

かじかむ右手を あたためながら
鳴らない電話を あと何度見るだろうか…

粉雪が舞い落ちて 僕の肩 降り積もる
行き場のない この想いも 白く埋めてくれればいい

立ち並ぶランプが 不規則に点滅している
まるで 僕の今の気持ちのように

階段の向こうに 人影見るたび
鼓動が高鳴る 君がいるような気がして

この雪がやむまでは 君を待ち続けよう
0時を告げる鐘が 白い街中に響いていく

粉雪が舞い落ちて 僕の肩降り積もる
行き場のない この想いも 白く埋めてほしい

この雪がやむまでは 君を待ち続けよう
0時を告げる鐘が 白い街中に響いていく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:白い街角 歌手:サスケ

サスケの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-03-18
商品番号:AKCY-58043
AMC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP