愛の森

この曲の表示回数 5,751
歌手:

財津和夫


作詞:

財津和夫


作曲:

財津和夫


ショート・カットを ぼくの胸に寄せて
君は猫のように丸くなって いつも眠ったね

どこにいつ捨てたの ふたり あんな秘密を
今は誰が歩くの 君の愛の森を

ぼくのこの自画像に 笑顔が描けないから
あともう一度だけでいい 逢って欲しいんだ

オリの中から 君に吠えるだけさ
一人ベッドの上で 膝を抱いて朝を迎える

ガラスの花瓶 花をさしていたね
今はただ 悲しみが透けてみえるだけだよ

逢えない時間を 楽しむなんて
そんな吐詞を 誰が教えたの

ぼくにつけた首輪の 鍵をもどしてください
あともう一度だけでいい 逢って欲しいんだ

ずるいとこも 好きだよ
子供みたいなところ

自由も 金も 魂
みんなあげるから

ぼくのこの自画像に 笑顔が描けないから
あともう一度だけでいい 逢って欲しいんだ

ぼくにつけた首輪の 鍵をもどしてください
あともう一度だけでいい 逢って欲しいんだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:愛の森 歌手:財津和夫

財津和夫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-05-12
商品番号:PICL-1104
パイオニアLDC

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP