試聴する

Home Grown

この曲の表示回数 6,954
歌手:

鈴木雅之


作詞:

松井五郎


作曲:

竹本健一


黄昏の向こうに
灯る灯をたどれば
握った手のぬくもり
いまでも 残るあの町の匂い

鉄を叩く 工場の音
まるで子守歌のように
いつもそこで見てた背中
どんなときも 守られてた

ふりむけば遠くて
目を伏せれば近くて
見上げた空 涙は
心を抱きしめているのだろう

駄菓子屋を 駆けだす
子供の声 追いかけ
泥だらけのシャツには
消えない 風の勲章がある

宝物を埋めた場所は
雲の地図に標してた
次の道を 迷うたびに
導かれる 夏の光

ふりかえる昨日も
続いてゆく明日も
いまを生きる強さを
心に教えてくれるのだろう

時が変えてしまうものを
知り過ぎてゆくとしても
前を向いて 歩くために
思いだせる自分がある

黄昏の向こうに
灯る灯をたどれば
握った手のぬくもり
誰にも 残るあの町の匂い
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Home Grown 歌手:鈴木雅之

鈴木雅之の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-03-04
商品番号:ESCL-3172
ERJ(SME)(M)

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP