試聴する

桜並木

この曲の表示回数 14,800
歌手:

木山裕策


作詞:

多胡邦夫


作曲:

多胡邦夫


さくら舞い散る並木道を歩くそのたび思い出される
あれから僕は数え数えて何時大人になったのだろう

人に流され人の愛に支えられ生きるという意味を知りました

何度も何度も振り返り不安そうな顔してアナタの両手を離したあの日
きっと何度も何度も繰り返し小さくなった手をとって
歩く日が来るのでしょう 桜並木を

今に思えば心配ばかりかけてきたような蒼い道程
アナタにとって胸を張れるような場所に僕は立ってますか?

出逢いと別れ幾つもの場面があり生きるという痛みも知りました

何度も何度も迷ったり無闇に傷ついて悲しみに崩れそうな時でも
ずっと何度も何度も言っていた「思いやり」は忘れずに
生きて来たこの胸に愛は咲き誇っています

淡いピンクの美しい花びらがひらひらと今落ちていく

何度も何度も振り返り不安そうな顔してアナタの両手を離したあの日
きっと何度も何度も繰り返しアナタの愛の尊さと伴に
歩いています 桜並木を
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:桜並木 歌手:木山裕策

木山裕策の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/02/11
商品番号:NFCD-27160
エイベックス・エンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP