みあげてごらん

この曲の表示回数 5,817
歌手:

中西圭三


作詞:

朝水彼方


作曲:

中西圭三


胸のボトルへと注ぐ君の声
逢えない日が続くけど
お互いを感じてる
正午 快晴さ 光る交差点
誰も彼も忙しい この街で

ちょっと みあげてごらんよ
ビルの上 僕たちの太陽を
夢も ちっぽけに見えてしまうけど
憧れが止まらないのさ

いつか慰めてくれた友達も
違う空の下だけど
元気かと尋ねよう
今日も あふれてく駅ですれ違う
あの微笑み あの涙 それぞれに

だけど みあげてごらんよ
独りでも しくじったその時も
僕ら 勇気ある限り 道がある
輝きに近づいている

ちょっと みあげてごらんよ
退屈な信号の待ち時間
心 入れ替えるような風の中
憧れがまた始まる

だけど みあげてごらんよ
独りでも しくじったその時も
僕ら 勇気ある限り 道がある
輝きに近づいている
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:みあげてごらん 歌手:中西圭三

中西圭三の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-03-03
商品番号:PICL-1051
パイオニアLDC

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP