追憶 ~窓辺の風景~

この曲の表示回数 9,228
歌手:

SING LIKE TALKING


作詞:

藤田千章・佐藤竹善


作曲:

藤田千章・佐藤竹善


外は 何時の間にか 土砂降りに 濡れて
蒼醒めた記憶を 呼び戻していく
あの頃は若過ぎたなんて
口にしてしまえば 終りになるけど

ふり返らず 出ていく背中を止めもしないで
煌めいた 夏の日射しだけに 縋り付いている
雨音までも聴こえない

めぐらせた通りに 運ぶ風向きも
ほろ苦く 残った夢の痕味も
本当の手応えと 云えば
積みかさねた物が 高く見えるけど

立ち尽くし 溜まる面影は儚い灯り
今日でさえ やがて窓をつたい落ちる
澪だと知らされる瞬間 眼に映る
美しい出来事に こころから
動き出せたことだけ 忘却れないで

ふり返らず 出ていく背中を止めもしないで
煌いた 夏の日射しだけに 縋り付いている
聴こえたのなら 立ち尽くし

溜まる面影は儚い灯り
今日でさえ やがて窓をつたい落ちる
澪だとめざめたのなら まだ間に合う
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:追憶 ~窓辺の風景~ 歌手:SING LIKE TALKING

SING LIKE TALKINGの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-02-26
商品番号:FHCF-1175
ファンハウス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP