友達のまま

この曲の表示回数 6,846
歌手:

森川美穂


作詞:

森川美穂


作曲:

小森田実


いつくもの季節 通り過ぎて
色あせてく街なみ
目の前に映る ふたつの影には
愛が揺れてる

いつもそばにいて気付かずにいたの
愛しはじめてたこと
ただの友達でキミを見つめてるのは
少し苦しいよ 今は
風が踊る夕暮れ

何気なくキミが 振り向いた時
こぼれそうな涙を
慌てて隠した
わたしに少しも気付かないまま

そっと隣りの彼女の背中を
抱き寄せた瞬間
キミの言葉は必要ないからと
胸の奥でつぶやいて
悲しい笑顔見せた

バスが近づいても帰らない恋人達

いつもそばにいて気付かずにいたの
愛しはじめてたこと
ただの友達でキミを見つめているのは
少し苦しいよ 今は
風が踊る夕暮れ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:友達のまま 歌手:森川美穂

森川美穂の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-12-09
商品番号:TOCT-6876
EMIミュージックジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP