試聴する

雪の週末

この曲の表示回数 16,458
歌手:

今井美樹


作詞:

岩里祐穂


作曲:

柿原朱美


窓に降る雪を見ていた
懐かしい人のそばで
田舎町 週末の部屋は 炎がゆれてた

別れを悔やんだ月日を
あなたが静かに話す
ふるえてる私の心をそっと包むように

すべてをあずけて
その胸に抱かれたい
あなたを忘れる事など出来なかった

いつも失って気がつく
そして流されてゆくの
でも今夜 自分に嘘はつきたくなかった

もう一度あなたを
愛してもいいですか
いとしい吐息に切なくたおれてゆく

まわり道をした記憶消すように
雪が降り続く

さよなら思い出
今日までの私たち
夜が明けたら一面真っ白な朝が来る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雪の週末 歌手:今井美樹

今井美樹の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-12-23
商品番号:FLCF-30196
フォーライフ ミュージックエンタテイメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP