そのままの君へと…

この曲の表示回数 14,347
歌手:

WANDS


作詞:

上杉昇


作曲:

大島康祐


少し疲れた 身体横たえ
音のない夜 部屋の片隅で
次の季節も変わらずにいたいと
言う君の瞳は 何かを求めてる

何故 静かに時は流れて
痛みさえ忘れさせてく

戻らぬ人よ

一つだけの大切なものを
なくした時から わかり始めてた
風に乱れ 震える気持ちは
君だけを求めた

今 思い出の中でやさしく
変わらないまま そのままの君へと……

もう戻らぬ時を憎んで
君だけを求めつづける

愛しき人よ

何を求め君は走ったの
孤独という名の風をうけながら
そしていつか やさしい目差しの中へ
一人旅立った

今 思い出の中で輝く
君を見つめよう そのままの君を……
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:そのままの君へと… 歌手:WANDS

WANDSの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-02-02
商品番号:BGCH-1007
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP