ラヴソングが止まらない

この曲の表示回数 4,957
歌手:

平松愛理


作詞:

平松愛理


作曲:

平松愛理


その手で触れられたら
未来が失くなってるいい
次のページは私だけのもの

空を見ててそんなこと
つぶやいては風がさらう
やがて 街は無口な雑踏へ消えていく
ラブソングが止らないよ
誰に唄うのでもなくて
言い飽きたフレーズが
さびになる

ラブソングを誰か止めて
胸に痛い皺が
しみになる前に

恋したくて寂しい
寂しいから恋をしたい
今はどっちなのかも分からずに

思い出の数よりも
確かに多く生きたのは
きっと 優しい日々へ戻る言い訳のため

ラブソングが止らないよ
1/fのリズムは
思い切らないと
ending はない

ラブソングで泣いてみたい
心の叫びを涙が
発音の雨にする… 雨にする…
雨にする…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ラヴソングが止まらない 歌手:平松愛理

平松愛理の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-12-17
商品番号:PCCA-00528
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP