試聴する

なつかしい海

この曲の表示回数 9,278
歌手:

さだまさし


作詞:

さだまさし


作曲:

さだまさし


(Returning to the place where I was belong to)
列車のタラップ昇りかけた (My little sea shore)
僕の腕引きとめて
言葉選んで君は
さよならを切り出す (Nice to come home)
ああ これが最後の見送りになるから
元気でいてくださいだなんて
空はこんなに抜ける様に (MH)
青く拡がってるのに
さりげない悲しみ列車に乗せて
懐しい海に帰ろう

愛の腕の中は時が止まってみえる
気がつけばいつでも年老いた『浦島』
ああ ひと駅過ぎる毎に
君が遠ざかって昨日に とけてゆく
列車の窓の向う側に (MH)
懐しい海がみえたら
君に似合った白い波が (MH)
近くに見えたならば
約束を守ろう 思い出をみんな
紙吹雪にして 飛ばそう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:なつかしい海 歌手:さだまさし

さだまさしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-01-11
商品番号:FRCA-1148
フォア・レコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP