それはただの気分さ(Demo 1997)

この曲の表示回数 7,887
歌手:

フィッシュマンズ


作詞:

佐藤伸治


作曲:

佐藤伸治


夜の終わりに その頂上で腰をおろして
弱りきった声で 話を聞かせて

Ah-
想い忘れたことがあったから
みんなの哀しい御好意に疲れたから

君の一番疲れた顔が見たい
誰にも会いたくない顔のそばにいたい

それはただの気分さ それはただの想いさ
それはただの気分さ それはただの想いさ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:それはただの気分さ(Demo 1997) 歌手:フィッシュマンズ

フィッシュマンズの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-04-21
商品番号:UICZ-4112
ユニバーサル インターナショナル

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP