一歩ずつの季節

この曲の表示回数 7,162
歌手:

児島未散


作詞:

来生えつこ


作曲:

羽田一郎


変わる季節を追いかけて
風の中揺れるとまどいは 知らずに消えていく
今は思い出のシーンも
なつかしく 心しみるけど 時は進んでく
いつかくちづけで 驚かせた日
私本気だったの 今も嘘じゃない

舗道で足を止めた あの時
あなたまるで少年みたいで
きっと突然すぎたかも
友達の ままで いてねなんて 私いつも言って
だけど 女なんて不思議
風向きで変わる恋心を 受け止めてねいつも
一歩ずつ明日 越えてゆくから
言い出せなかった恋 言葉にしていく
いつも 扉があり 未来も
そうよ私 恐れず 聞けてく

変わる季節に追いついて
これからは もっと素直がいい 言葉も飾らない
今は 思い出のシーンも
なつかしく 心しみるけど 時は進んでいく
あなたの背中 無口でも
(私にそっと語りかける)

変わる季節に追いついて
これからはもっと 素直がいい 言葉も飾らない
今は思い出のシーンも
なつかしく心しみるけど 時は進んでいく
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:一歩ずつの季節 歌手:児島未散

児島未散の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-03-25
商品番号:PICL-1034
パイオニアLDC

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP