ベージュのパンプス

この曲の表示回数 6,926
歌手:

平松愛理


作詞:

平松愛理


作曲:

平松愛理


心が裸足で駆け出して
スニ−カ−踏んだタラップは 南行きの Train
何でも叶うと 夢の風 なびかせた時代

ベ−ジュのパンプスと鉛色の Building
似合いすぎる習慣に息苦しくて
かかとが向きを変え ガラス戸押せば
今日は休みにしようと決めた

あの日乗り込んだ South Train
思い出の私に会いに行く 今 時間を戻るのよ

心が裸足で駆け出して
スニ−カ−踏んだタラップは 南行きの Train
何でも叶うと 夢の風 なびかせた時代

窓のスクリ−ンが巻き逆した風景
古ぼけた駅のベンチ 近付いてくる
悲しいといつでも 視界の端に
にじませては 心座らせた

背に掛けられてる Sign Board
見送ってくれた空や風も あの時と同じなのに

心が裸足でいられずに
いつの頃からか パンプスを
心にはかせて
何でもできると 人の波 背のびしてたヒ−ル

心が裸足で駆け出して
スニ−カ−踏んだタラップは 南行きの Train
何でも叶うと 夢の風 なびかせた時代
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ベージュのパンプス 歌手:平松愛理

平松愛理の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1990-12-15
商品番号:PCCA-00120
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP