試聴する

函館山から

この曲の表示回数 32,439
歌手:

美空ひばり


作詞:

小椋佳


作曲:

小椋佳


函館山から 立待岬
吹き上げる雪の中 飛び交うかもめよ
若い男は 荒海を走る
優しさ拒む 背中にいつも
悲しむ女がいた
今はただ胸にしみる ひとりの寒さよ
おまえはもう 若くはないと
とどろく波よ

誰を待つのか 立待岬
頬を切る風の中 たたずむ乙女よ
紺のかすりに 想い出す笑顔
身勝手許す 背中にそっと
涙を隠していた
淋しさをわかちあえる 懐かしい女よ
凍て曇る冬の空にも 想いを投げよう

函館山から 立待岬
吹き上げる雪の中 飛び交うかもめよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:函館山から 歌手:美空ひばり

美空ひばりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1990-05-21
商品番号:COCA-6259
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP