この曲の表示回数 5,357
歌手:

竹仲絵里


作詞:

竹仲絵里


作曲:

竹仲絵里


もしもこの都会の真ん中に種を植えたなら
どこまで育つか天まで伸びるか賭けてみようか

やがて花が咲き実を熟しまた種が落ちて
いつしか一面争いが消えてあなたといたい

窓辺にそそぐやわらかな太陽
こんな日常がたまらなく愛おしい

心呼吸して光に向かう蕾の強さが欲しい
はじまりは一粒の種果てしない空
どんな未来を残せるかな

もしもこの都会の真ん中で愛を育てたら
どこまで育つか天まで伸びるか信じてみよう

どこかの悲しい憎しみ合いさえも
包み込むような花を咲かせたい

一人きり流した涙を集めて遠く流そう
あなたへと繋がってゆく願いをこめた
寂しい人が増えないように

心呼吸して光に向かう蕾の強さが欲しい
はじまりは一粒の種果てしない空
どんな未来をどんな未来を残せるかな
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:種 歌手:竹仲絵里

竹仲絵里の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-04-25
商品番号:COCA-51028
コロムビアミュージックエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP