試聴する

そんな風にしか言えないけど

この曲の表示回数 62,229
歌手:

奥華子


作詞:

奥華子


作曲:

奥華子


駅のホームの向こう側で 君が手を振ってる
いつだって まっすぐな君に 僕は答えられるかな

走り出した電車の中 君は何を思っているだろう
人の隙間から見えた 小さな君の姿が やけに愛しくて

きみの手に抱えてる どんな小さな苦しみでも
ぼくの手にくれないか そんな事しか言えないけど
そんな風にしか言えないけど

誰かを傷つけた時は 胸が痛くなって
それをまた人のせいにして 僕は生きてきたのかな

迷わない心は無いと君が 僕に教えてくれたね
あの日の優しさに 僕は何も言えずに
君を見て ただ苦しくなった

抱きしめた温もりが 君の笑顔に変わるように
何度でも温める そんな事しか出来ないけど
僕のそばにいてくれないか

同じホームで 同じ電車を待ってる二人になりたい
君と僕が離れてく理由なんて何も無いから

限りある時間の中 どれだけ君を想えるだろう
その胸で泣かないで 今 君を迎えに行くから

きみの手に抱えてる どんな小さな苦しみでも
ぼくの手にくれないか そんな事しか言えないけど
そんな風にしか言えないけど

君を心から愛します
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:そんな風にしか言えないけど 歌手:奥華子

奥華子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006/03/01
商品番号:PCCA-2226
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP