試聴する

東京にて

この曲の表示回数 7,833
歌手:

LUNKHEAD


作詞:

小高芳太朗


作曲:

小高芳太朗


あの子の顔は浮かんできても
名前が思い出せないんですが

夕暮れへんろ道は鈴の音が響いていた
いつかの夏の光景

いつかこの唄をこの景色を忘れていき
何もかも思い出せずその事さえ気付かないだろう

いつだかあんず飴食べながら
祭の人の海を泳ぎながら

東京にて風景が灰色に見えてしまうのは
僕の目が曇っているのだろうか

夏の陽や冬の朝や土と風なんかの匂いを
いつの間に忘れたのかもう僕には思い出せず

記憶は昨日見たおぼろげな夢のように
懐かしい面影を残すだけで思いだせず
けどそれはこの僕の体の中そう血に溶けて
時は過ぎ 歳をとり やがて僕の骨になっていく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:東京にて 歌手:LUNKHEAD

LUNKHEADの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-05-21
商品番号:BWCP-1002
ブロー・ウィンド・レコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP