Sandglass~記憶の粒子

この曲の表示回数 6,690
歌手:

茅原実里


作詞:

こだまさおり


作曲:

俊龍


敷きつめた記憶の砂に 涙の痕が乾いてく
ざらついたこの痛みまで 癒えようとするの?

書きかけたのは わたしの真実 不自由な叫びね
ページのすみに 消えそうな wish... 果たせなくても

臆病なふたりだから 傷つけるような愛にもなれず
切なさはおざなりなほどに 背中を向けるの

想いが死んでゆくなら わたしはこの身を失うの?

あたらしい季節はすぐに 躊躇う影を塗り替えて
やわらかな真綿のように 何もかも包む

書けないままに 行き場をなくした あの恋を返して
ページひらけば 白紙に浮かぶ 褪せない memory

ひとさじの砂に眠る 無数の未来選び取れずに
ただ今は零れ落ちるまで 見つめていたいの

想いは光に帰る わたしはどこへ帰るんだろう?

臆病なふたりだから 傷つけるような愛にもなれず
切なさはおざなりなほどに 背中を向けるの
最後まで見つめさせて 手放してゆく 今その前に
いつの日か未来の隙き間で すれ違う memory

想いは光の中へ わたしは動き出す明日へ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Sandglass~記憶の粒子 歌手:茅原実里

茅原実里の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-03-26
商品番号:LACM-4472
ランティス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP