夜風に乗せて

この曲の表示回数 5,085

笑い過ぎた日も 泣き過ぎた日も
誰かに言わせれば 普通の日々で
二度と帰らぬ日を 僕らは歩いている
後悔しないよう 僕は考えている

いつも通る歩道橋の上
見上げればビルで狭い夜空
鳴り響く車のクラクション
人混みへ吸い込まれてゆく

いい気なもんさ 今宵もつきは きれいに浮かんでいる

口笛を吹いてみたんだ 悲しみも喜びも
上手く言えないこの想いも 街の風に乗せてみた

追われるように過ごした日々は
僕の心をきつく締め上げてた
あなたの目にはどんな風に
僕は映っていたのだろう

忘れたくない 悲しみもあって それを胸に刻んで

ビルに囲まれた夜空 思わず手を伸ばすような
うまく言えないこの想いを 街の風に乗せてみた
こんな世界でも見上げりゃ 月が輝く夜さ
嘆く事はないこの想いを 響かすよ夜空へ

街の夜風と今宵の月に 口笛を鳴らして歩く帰り道
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜風に乗せて 歌手:つばき

つばきの新着情報

  • 風向き / ♪かすれた声で叫んでもあなたの
  • 東京の空 / ♪午前五時の夜明け前に僕は
  • ループ / ♪テレビはつけたまま電気も
  • 夢見がち / ♪茶色い髪が似合うあいつは俺を
  • 冬の話 / ♪誰もいない暗い部屋で

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-07-02
商品番号:KEDCD-0005
インディーズ・メーカー

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP