He/]

この曲の表示回数 5,304

目の前にはもう かけまわる幻
目をふせていたけど 涙の海になる?

つないだ手と手から 棘が生えぬように
足をとられていく 歩く砂の上で

『叶わぬ過去』の昔話は始まるのだろうか?
忘れてしまう海の底 手の届くところに

目の前にはもう 横たわる針の根
幕が開いてしまう 何もなかっうたように

定めがあるのならひき抜いてしまいたい
二度とほどけないように 地と地を固結び

見かねた空に火の粉散る のど元まで燃やせ
忘れてしまう海の底 手の届くところに

並べた小石だけで 守れるものならば
さらわれて波間に 風に化けぬように

ささげ祈ることで 守れるものならば
人知れず漂う 風に化けぬように

とどまることも遮ることも始まっているだろう?
忘れてしまう海の底 手のと届くところに
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:He/] 歌手:タテタカコ

タテタカコの新着情報

  • 祝日 / ♪丘を走る草の匂い光が堕ちる
  • 今日を歩く / ♪小さな靴が並んでる洗濯物が
  • 誕生日 / ♪闇雲に手をかけた此処ではない
  • 祈りの肖像 / ♪消された名前が足下に転がり
  • 峠越え / ♪くりかえし来た道をチョイと

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-04-23
商品番号:VPCC-81589
バップ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP