この曲の表示回数 16,650
歌手:

ACIDMAN


作詞:

大木伸夫


作曲:

ACIDMAN


滲んだ街の片隅で
貴方は何を見ていただろう?

明日の歌 その全てに
負けぬように歌っていたのだろう

黄昏の風に似た 世界の果てで
壊れそうに 揺れている 小さな目の
その強さに

鮮やかな街で 見上げた夜空を
貴方は信じた そっと目を閉じて
ささやかな日々の 正しさの夜明け
僕は息を吸って また歩いてゆく

華やぐ街の色達は
キラめいてもすぐ壊れて

気付けば嘘にも慣れたな
あの日の空も忘れたな

黄昏に染まれ

鮮やかな街は 何も語らずに
すれ違うままに また続いてゆく
ささやかな日々の 正しさの夜明け
僕は息を吸って また歩いてゆく

春の欠片で目を覚ました
命達の その正しさだけ
ずっと抱えてゆくのでしょう

鮮やかな街で 見上げた夜空を
貴方は信じた そっと目を閉じて
ささやかな日々の 正しさの夜明け
僕は息を吸って また歩いてゆく

鮮やかな街で 見上げた夜空を
貴方は信じた そっと目を閉じて
ささやかな日々の 正しさの夜明け
僕は息を吸って また歩いてゆく

That is all.
We live.
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:WALK 歌手:ACIDMAN

ACIDMANの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-04-16
商品番号:TOCT-26535
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP