試聴する

Mi deh ya

この曲の表示回数 16,944
歌手:

九州男


作詞:

九州男


作曲:

九州男


ねぇ神様 もしいるのなら もし見てるなら教えてくださいどうか
気がつけばこんな道を歩んでいました幸か不幸か
いったい僕は前に向かって歩いているのでしょうか?
そしてここがどこかわからないのです
あたりを見回そうが 目を凝らし見つめようが
どうやら迷子になったようだ
まるで永遠の夜が僕を包み込んでその中でうずくまっている様さ

ねぇ神様 もしいるのなら もし見てるなら教えてくださいどうか
なんて手を合わせてもこの思い届くわけはないか
抱いたあの夢はもう僕を先導することはないか
祭壇に背を向け寄りかかりライターで
最後の1本に火を点け描いた絵が目に染みて泣いた
その時、ぼやけた視界の中に少年が立っていた
そして僕に向かってこう言った

mi deh ya 僕はここにいるんだ
影と足の裏を重ねてみれば物語は始まるんだ
閉ざす闇は引き裂かれて奇麗な世界が広がるんだ
目に映る景色はgreatest
mi deh ya きっと光は僕を照らす

たった一瞬だった「待った」と言う前に少年は消えるように去った
まるで声が心の中から聞こえるようだった
なんだったんだ? なにがおこったんだ? 腐った胸はカッカする
だが懐かしくも感じる フッと立ち上がり歩き出す
踏むダンボール 足にあたり音立てて転がる缶ビールに目もくれず歩く
閉じる教会の扉の前でさっきの少年が手招きしてる
散じる思い出達が集まりだすのを感じる
かたくなに僕の視界をさえぎるベールが一枚づつ消える
ゆっくり扉を開ける こぼれる光 またあの言葉が心の中から聞こえる.....

mi deh ya 僕はここにいるんだ
影と足の裏を重ねてみれば物語は始まるんだ
閉ざす闇は引き裂かれて奇麗な世界が広がるんだ
目に映る景色はgreatest
mi deh ya きっと光は僕を照らす

ほのかに暖かく心地よい色鮮やかなヴィジョンが一瞬に包み込む僕を
木々達のさんざめく音 風がすり抜ける音 虫達や鳥達の生命の鼓動
狂おしいほど孤独な深い眠りについていた僕の元まで届く
無我夢中で走り出す 消えてゆく少年と共に 走り出す 走り出す
そして両手広げ光浴びて叫ぶ

mi deh ya 僕はここにいるんだ
影と足の裏を重ねてみれば物語は始まるんだ
閉ざす闇は引き裂かれて奇麗な世界が広がるんだ
目に映る景色はgreatest
mi deh ya きっと光は僕を照らす

わかってたよ ありがとうもう一人の僕よ
数年経った今でも胸の奥に届くよ
君の存在は常に心の片隅に置いとくよ
さぁ行こうか永遠の相棒よ

mi deh ya 僕はここにいるんだ
影と足の裏を重ねてみれば物語は始まるんだ
閉ざす闇は引き裂かれて奇麗な世界が広がるんだ
目に映る景色はgreatest
mi deh ya きっと光は僕を

mi deh ya 僕はここにいるんだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Mi deh ya 歌手:九州男

九州男の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-11-14
商品番号:NSV-1001
インディーズ・メーカー

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP