手の中の永遠

この曲の表示回数 7,216
歌手:

引田香織


作詞:

石川智晶


作曲:

Jin Nakamura


隣の部屋から笑い声がする
うっすら目覚める朝がこんなに愛しい
どこかで夢見た一枚の絵には
もうあなたの椅子を書き足したばかりだよ
悲しい物語が今 カーテンの向こう側
待ち伏せしていても

明日には見知らぬ他人のようになっても
あなたがここにいる確かな奇跡を信じて
差し出された手には別れの予感もなく
ただ抱きしめたくて 今 涙腺がゆるんだ

夢をまた見たよ
窓打つ小雨の音が寂しくて
毛布かぶっていた夜
テーブルの上はキレイなものだけ
すべて打ち明けるその日が来るんだろうか
愛された記憶ひとつで
泥濘んだこの道を照らし続けるから

この先の確かな約束もないけど
光が差し込んだその背中に手をおいた
永遠を語れるほど生きてないけど
いくつもの夜明けにあなたに笑いかけよう

明日には見知らぬ他人のようになっても
あなたがここにいる確かな奇跡を信じて
永遠を語れるほど生きてないけど
いくつもの夜明けにあなたに笑いかけよう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:手の中の永遠 歌手:引田香織

引田香織の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008/03/05
商品番号:FCCM-219
フロンティアワークス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP