アムスフィッシュ

この曲の表示回数 39,991

アムステルダム 雲の切れ間で頷く魚が
進む僕らの背中眺めて笑っているよ

遠くから聞こえてくる音 それはどこかで
悲しい雨の間をすり抜けるゆらゆら泳ぐ魚の音

アムステルダム 見えたり隠れたりしてきたのは
少しだけ僕らが大人になってきたからかな

アムステル

アムステルダム 雲の切れ間で頷く魚が
進む僕らの疲れた後ろ髪 引っ張っていたんだ

最終電車の疲れた風の音 それはまるで
煙りのようだ 淋しい僕らの煙りのようだ

でもいつの日か 僕の心は夜を泳いで
歩き疲れた君の隣にたどり着くよ

ラララララララ‥‥
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:アムスフィッシュ 歌手:サカナクション

サカナクションの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-01-23
商品番号:VICB-60029
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP