この曲の表示回数 5,883
歌手:

土屋昌巳


作詞:

RYUICHI


作曲:

SUGIZO


霧に包まれて、何も見えない。
霧が作り出すシルエット、月を想う。

空回りしていた優しさは
二度と要らないと思っていたけれど
今も遠回りしている二人が

何も変わらない今だけど一人歩きに疲れ
あなたに伝えたい想いばかりが氾濫して動けない

歌声は届かないあなたまでは
閉ざされた手の平に「私は居るの?私を呼んで。」

朧げな月の光集めて、閉ざされたその胸に深く沈めて。

歌声が届くまであなただけを
閉ざされたこの胸に深く沈めて

霧に包まれて、何も見えない
霧が作り出すシルエット、あなたを想う。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:MOON 歌手:土屋昌巳

土屋昌巳の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-12-19
商品番号:AVCD-23430
エイベックス・エンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP