試聴する

えがお

この曲の表示回数 6,142
歌手:

遊吟


作詞:

卓(SUGURU)


作曲:

卓(SUGURU)


恋の始まりは単純で 無口な君にそっと話し掛けた
僕の恋心ふるわせる 君の笑顔を見た
それからだんだん好きになり そぱにいるだけで それだけでいいなんて
かっこいいことは言えないね 君の笑顔を見たから

吸い込まれるような君の横顔 ずっと見ていたいけど
恥ずかしがり屋の僕の目の中 君の顔をそっと見てた

過ぎる時間にあせる僕の右手
さよならを合図に手をつかみ このままどこかにさらってしまいたい
そんなことを心に思いながら キスした

春夏秋冬すぎてゆき やることなすこと二人とも同じようで
笑った顔すら似ているね 僕ら似たもの同士

突然の雨に打たれながらも すべて耐えてきた
『曇り空でもいつか晴れるよ』君が僕にずっと言ってた

いつでもここで君のために僕は
精一杯の声で歌ってる
過ぎる風の中 僕の歌乗せて
どうか君に届けと 思いながら歌ってる

くさい言葉で言うのは苦手 下手な歌でも
思いは届くよ

過ぎる時間にあせる僕の右手
さよならを合図に手をつかみ このままどこかにさらってしまいたい
そんなことを心に思いながら キスした
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:えがお 歌手:遊吟

遊吟の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-01-09
商品番号:XNTR-15006
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP