時計をとめて

この曲の表示回数 18,303
歌手:

わらべ


作詞:

荒木とよひさ


作曲:

三木たかし


時計をとめて このままそっと
過ぎゆく今が 淋しがるから
心の振り子を その手でとめて
話す言葉が 消えてゆくから
いつまでもよりそい夢の中
今日の終りにさよならすれば明日になるけれど
時計をとめて このままそっと
夜空の星も みつめてるから

時計をとめて ふたりのために
かさねる手のひら 淋しがるから
心のブランコ ゆらしていたい
あしたがそこまで むかえにくるから
いつまでもよりそい夢の中
今日の続きをさがしてみれば明日になるけれど
時計をとめて このままそっと
夜空の星も みつめてるから

時計をとめて このままそっと
過ぎゆく今が 淋しがるから
心の振り子を その手でとめて
話す言葉が 消えてゆくから
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:時計をとめて 歌手:わらべ

わらべの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-11-17
商品番号:FLCF-3613
フォーライフ ミュージックエンタテイメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP