試聴する

宛先のない手紙

この曲の表示回数 14,345
歌手:

THE ALFEE


作詞:

高見沢俊彦


作曲:

高見沢俊彦


その手の冷たさに
涙ぐんだわけは
あなたの心もそうなることが
恐かったからでした

あなたがこの街を離れて
三度目の冬も過ぎて
さむがりなあなたへ
編みかけたセーター
ほどいた気持をわかって下さい

あゝ待ちくたびれた私は
この淋しさについて行けない

涙でさよならは とても綴れません
悲しみの中で
せめてあなたの写真焼かずに私
嫁いで行きます

あなたのことだから
仕事に追われて
私を迎える約束すらも
忘れてしまったのでしょう

私はこの街で
そっと生きて行きます
違う道を選んだ私でも
心のどこかで支えて下さい

あゝ最後のわがままです
こんな私を忘れないでいて

涙でさよならは とても綴れません
悲しみの中で
せめてあなたの写真焼かずに私
嫁いで行きます

涙でさよならは とても綴れません
悲しみの中で
せめてあなたの写真焼かずに私
嫁いで行きます
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:宛先のない手紙 歌手:THE ALFEE

THE ALFEEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1986-04-21
商品番号:D32A-0179
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP