試聴する

さよならの記憶

この曲の表示回数 61,993
歌手:

奥華子


作詞:

奥華子


作曲:

奥華子


繋いでいた君の手を 僕はなぜ離してしまった
夕日が落ちてゆく道 ただひたすらに歩いていた

あの時の君の涙を いつか忘れてゆくのかな
重ねていた時間の声が どこかで聞こえている

君が好きだと言えずにいた
あの日の僕らは泣いていた
また一つずつ思い出が増えてく
これが最後の記憶 僕たちのさよならの記憶

二人で見つけた空に 何を映せばよかったのか
今なら分かる気がする あの時は気づけなかった

幸せという箱の中に 君を探していたのかな?
僕はまだ心の奥に 痛みが彷徨ってる

君が好きだと言えずにいた
何度も抱きしめていたのに
また一つずつ思い出が増えてく
これが最後の記憶 僕たちのさよならの記憶

遠ざかる二つの道 ただ指差して 僕は動けないまま

君が好きだと言えずにいた
あの日の僕らは泣いていた
また一つずつ思い出が増えてく
これが最後の記憶

僕たちのさよならの記憶
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:さよならの記憶 歌手:奥華子

奥華子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007/03/21
商品番号:PCCA-2441
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP