卒業

この曲の表示回数 28,132
歌手:

沢田聖子


作詞:

三浦徳子


作曲:

加藤和彦


日付をひとつ消したら
心に雪どけの音
それは あなたと別れの時
告げる季節のしるしです

あなたは よそゆきの顔
手を振り 旅立つけれど
私は一人 書きかけた
愛を破れない

みんな 卒業してゆく 一人一人
ためらう心を箱に入れて
結んだ… リボンを
すぐにほどくの 何故なの

ノートに赤鉛筆で
書き込むくせがついたの
それは あなたの真似をしてた
幼い 私の気持です

月日がやがてゆきすぎ
私の心も 硬い
化石のように なるのなら
このままいたい…

みんな 卒業してゆく 一人一人
小さな記憶を箱に入れて
結んだ… この手を
すぐにほどくの 何故なの

みんな 卒業してゆく 一人一人
小さな記憶を箱に入れて
結んだ… この手を
すぐにほどくの 何故なの
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:卒業 歌手:沢田聖子

沢田聖子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-05-21
商品番号:CRCP-186
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP