試聴する

Via Dolorosa

この曲の表示回数 20,939

かじかむ指を解いて
俯く君の肩に
降り積もる雪は 愛しさを
静かに覆い隠して
跡形もなく街並を 白く染めて

傾く月の明かりが
縁取る君の背中
互いの傷を貪る様に
涙で夜を塞いで
宛もなくただ漂う 想いを消して

その瞳の奥にある痛みが
伝わるまで 側に居られたなら…
還らぬ日々の 面影を
残して サヨナラ

ひとりで手操る 寂しさより
ふたり紡ぐ寂しさに
置き去りにされたままの 心が揺れる

その瞳の奥へと悲しみが
伝わるほど 君と居られたなら…
最後に交わす くちづけを
残して サヨナラ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Via Dolorosa 歌手:abingdon boys school

abingdon boys schoolの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-10-17
商品番号:ESCL-2995
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP