試聴する

桜絵

この曲の表示回数 7,236
歌手:

上木彩矢


作詞:

上木彩矢


作曲:

麻井寛史


朝焼けが痛いくらいしみてゆく まぶたの裏
気が付いて頭ん中がユラユラメイテク

早く差し伸べてその声も手も もうひとりにしないで

桜舞い散る中で 流した涙は儚くも美しくて
あの日おいてきた記憶 そっとアルバムにしまってゆく桜絵

すれ違う人込みでぶつかる 小さな肩
喜びも憎しみも全部 しょいこんでしまう

街の灯りさえも涙でにじむ もう優しくしないで

桜舞い散る中で 抱きしめた温もりは今もあふれだしてく
あの日誓いあった約束 悲しいほどに響いてゆく桜絵

会いたいよ 逢えないかな もう今さら
時間だけが虚しく通り過ぎてゆく

桜舞い散る中で つないだ もうこの手と手は別々の道
あの日笑い合ったことも 忘れてしまうのだろう?

桜舞い散る中で 流した涙は儚くも美しくて
あの日おいてきた記憶 そっと瞳に映してゆく桜絵
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:桜絵 歌手:上木彩矢

上木彩矢の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-04-12
商品番号:GZCA-7070
GIZA studio

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP