試聴する

How Far

この曲の表示回数 4,501
歌手:

藤井フミヤ


作詞:

佐橋佳幸


作曲:

屋敷豪太


君とふたり暮らすには 窮屈だった部屋
仕分けされた段ボールが 迷子のようにしゃがんでる

あぁ 君やこの街のせいではなく
身勝手な僕の生き方

なぜ君は手を振る
孤独さえひとりじめに
変らないやさしさで
僕を見送る ふるさとのように
二度と戻らぬ ことを知りながら

君の愛に守られて 少し退屈だった夏
人気のないアーケードで 迷子のように爪を噛む

あぁ 確かなモノあるわけでもなく
理不尽な僕の生き様

なぜ君は手を振る
涙さえひとりじめに
変らないやさしさで
僕を見送る ふるさとのように
二度と戻らぬ ことを知りながら

なぜ君は手を振る
孤独さえひとりじめに
変らないやさしさで
僕を見送る ふるさとのように
二度と戻らぬ ことと知りながら
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:How Far 歌手:藤井フミヤ

藤井フミヤの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-06-20
商品番号:AICL-1834
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP