そばにいて

この曲の表示回数 10,031
歌手:

Cublic


作詞:

酒井治・中澤有里子


作曲:

酒井治


ラッシュアワーの プラットホームで
何も言えず 涙こらえながら
からめた指が ただ凍えてゆく
戻れない あの頃には

初めて二人の言葉がとぎれた夜
知らない誰かを感じてた
友達のままで もしもいられたら
壊すものなど なかったはずなのに 今は何故?

そばにいて 息が触れるくらい
過ぎさった15の夜 20の朝
思い出に帰れない
そばにいて 見えなくなるくらい
いつまでも かわせそうで かわせない
切ない気持ち ぎゅっと抱きしめた

いくつも見おくる 電車の窓に写る
失した季節にさよならを
迷っているの それとも云えずにいるの
黙っていたら 傷つく勇気さえ 消えるから

そばにいて 息が触れるくらい
はしゃいでた気持ちが また溢れかえる
昨日のことのように
そばにいて 見えなくなるくらい
いつまでも かわせそうで かわせない
切ない気持ち 今

そばにいて 息が触れるくらい
過ぎさった15の夜 20の朝
思い出に帰れない
そばにいて 見えなくなるくらい
いつまでも かわせそうで かわせない
切ない気持ち ぎゅっと抱きしめた
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:そばにいて 歌手:Cublic

Cublicの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-10-26
商品番号:PHCL-5504
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP