試聴する

ミーファイユー

この曲の表示回数 22,832
歌手:

BEGIN


作詞:

BEGIN


作曲:

BEGIN


時は 満ちて 旅立ちの季節に
移り変わりゆく痛みに 耐えられずにいた日
せめて もう少し 側にいたいけれど
風に クニブン木が さよならと 揺れた気がした

「電話やれよ」と渡された古札を
握りしめてた 空港への四号線

ありふれた希望と あふれくる不安で
何ひとつ あなたに 伝えられなかった思い
あの日からずーっと ミーファイユー

ふるさと 離れて 十九年目の春
渋谷あたりでもなんとなく さまになってきたよ
夢を語るには 慣れてしまったけれど
これじゃ帰れんと思う度 やれる気がする

「ユーマワリして 酒は飲みすぎるなよ」と
届いた荷物 島酒とポーク缶

始まりがどこでも 終りがどこでもいい
この胸を熱くする 誇りと変わらぬ未来
それこそがあなたへの ミーファイユー

ありふれた希望と あふれくる不安で
何ひとつ あなたに 伝えられなかった思い
あの日からずーっと ミーファイユー
それこそがあなたへの ミーファイユー
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ミーファイユー 歌手:BEGIN

BEGINの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-02-07
商品番号:TECI-111
インペリアルレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP