試聴する

時おり僕は

この曲の表示回数 7,688
歌手:

鈴木雅之


作詞:

岡部真理子


作曲:

松尾清憲


地下鉄のコンコース あふれる靴音
顔のない波が 僕をのみこんでる

改札から2本目 柱の影で
よく君を待った 今は会うこともない
どうして 似ている背中 今も目にとまる

時おり僕は 気づいてしまうよ
くり返す毎日で
からまわりだけ

時おり僕は 痛みにまけている
消えそうな足もとに
ためいきだけ落して

見上げるビルの群れ 隙間の空に
きれぎれの夕焼け 遠くなぐさめてる
すこしずつ 景色は変わり ひとり残される

時おり僕は 嘘つきになってる
背の高い街の中
立ち止まれない 僕がいる

時おり僕は 気づいてしまうよ
くり返す毎日で
からまわりする この街に

時おり僕は 流れにふらつくよ
穏やかな愛のある
この場所から 離れずに

時おり僕は ふと考えてみる
泳ぎつき 眠りこむ
心地よさの 意味を
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:時おり僕は 歌手:鈴木雅之

鈴木雅之の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-08-23
商品番号:ESCB-1199
エピックレコードジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP