試聴する

はなびら

この曲の表示回数 18,768
歌手:

池田綾子


作詞:

池田綾子


作曲:

TATOO


太陽が街に熔けていく
あの場所で君をいつも見ていた
ざわめくリズムに揺れるドアの向こう
一人では冷ませない ひどい熱

悔しいほど 自由な生き方
なぜ君は そんなに見せつけるの?
優しい声は甘い蜜 その後は
苦しくて 恋しくて 止まらない

赤く咲いた幻の華
蒼い君の頬 照らして
聞いてくれる?
震える声で囁いた言葉を
触れるだけで 崩れてしまう
儚い恋へと堕ちていく
信じてみたい たとえここから
抜け出せなくても

神様がもしいるのなら
今きっと私を止めるだろう
全てを守りたいそんな自分より
ぶつかって 傷付いて 壊れたい

赤く咲いた幻の華
蒼い君の影 照らして
会いたい日も会えない日にも
拭えない笑顔が
世界中が止まったような
短い沈黙を破って
嘘のない目に映した人は
他のひと

赤く咲いたわたしの花が
枯れて土に還る日まで
聞いてくれる?
震える声で囁いた言葉を
触れるだけで 崩れてしまう
君が差し伸べるその手を
掴めないほどまた堕ちていく
甘く誘う罠
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:はなびら 歌手:池田綾子

池田綾子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-05-28
商品番号:UPCH-5171
ユニバーサルJ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP