この曲の表示回数 10,904
歌手:

小松未歩


作詞:

小松未歩


作曲:

小松未歩


今すべて解った 鏡にむかい 溜め息をつく
きっとふさわしいのは 私じゃなかったのね
暮れなずむ町を背に歩いた
急に降り出す 雨粒が隠した涙

二度と戻れない場所へ飛ばされ 記憶を消したい 鳴り響くクラクション
飽きられる前に行くわ 優しさが残るだけじゃ嫌
愛されていたいから 嘘も嫌だから

ねぇ 最後に聴いて まるで一人芝居ね
同じ罪を犯し 共犯者になれたなら
もう離れられない それがいい

埃が舞い散る部屋に バスが出る音が響いた もう繕わなくていい
夢の中では何でも叶うから 堅く目を閉じて
眠りに堕ちてゆく 闇に包まり

夢の中では逢えたわ 心も通い合ってたわ それだけで良かった
記憶が消せないのなら すべてを大切にしたい
時々 抱きしめて 涙流すの
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:涙 歌手:小松未歩

小松未歩の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-12-19
商品番号:AOCS-1003
AOR

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP