試聴する

故郷

この曲の表示回数 6,399
歌手:

小松未歩


作詞:

小松未歩


作曲:

小松未歩


黄昏の空を見上げて
遠いとこに来たと思う
すれ違った 老夫婦には
将来の姿 重ねてみた
なじみの薄い 都会暮らしで
頼れるのは あなた一人

淋しい夜は ベッドにもぐり
ふたり 肩を寄せ合ってた
月も出ないビル街だけど
いつか ここが故郷になる

幼い頃 鬼ごっこした
ジャングルジム 登ってみる
ハラハラして見守っていた
母は いつも優しかった
かたひじ張って 生きる強さは
帰る場所があるからこそ

長く伸びた影につぶやく
「おかえり また明日話そう」
都会の風 身に染みるけど
明かり灯る部屋へ急ぐ

淋しい夜は ベッドにもぐり
ふたり 肩を寄せ合ってた
そんな日々を 積み上げながら
いつか ここが故郷になる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:故郷 歌手:小松未歩

小松未歩の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-01-26
商品番号:GZCA-5062
GIZA studio

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP