旅空夜空 ~言うもはずかし~

この曲の表示回数 11,885
歌手:

小林旭


作詞:

阿久悠


作曲:

宇崎竜童


久しく涸れた くちびるに
憂いの酒を ひとしずく
仰げば 星の またたきが
別れたひとの 瞳に見えて
ああ 旅にあるなら 草まくら
夢も そよ吹く 風の中
抱いて 語るも 愛ならば
遠く はなれて 想うのも
また愛なのだと…
言うもはずかし

波打つ 胸に 想い出の
小舟を浮かべ 流しても
目尻を伝う 涙には
あの日の 純情の ひとかけら

ああ 言葉たどれば 月あかり
歌も 傾く夜の中
すがりつくのも 恋ならば
少し邪険に 放すのも
また恋なのだと…
言うもはずかし

ああ 言葉たどれば 月あかり
歌も 傾く夜の中
すがりつくのも 恋ならば
少し邪険に 放すのも
また恋なのだと…
言うもはずかし
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:旅空夜空 ~言うもはずかし~ 歌手:小林旭

小林旭の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-12-01
商品番号:POCH-1444
ポリドール

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP