ブルーテーブル

この曲の表示回数 6,109
歌手:

SOPHIA


作詞:

松岡充


作曲:

黒柳能生


もう私は全てに見放されたようです
ありふれた台詞には誰も見向きもしない

傷つけた事も傷つけられた事も消えてくの

最後まで私の目を見てくれたあなたも

今はもう他の誰かその優しさで包み込み眠る

窓が一つ 部屋の角(スミ)に 壁は高く 外は見えない
いつだったか 二人で買った小さなブルーの机が一つだけ残ってる

想い出は綺麗に彩られてくもの
道の先にあの虹の橋はもうないでしょう

あなたの事を私の方が独りにしてた

遠く景色 霞んでゆく 色が消えて あなたの孤独が
波の様に私の方へ打ちつけ砕けては無くなる

窓が一つ 部屋の角(スミ)に 壁は高く 外は見えない
いつだったか 二人で買った小さなブルーの机の上に登ったら
小さな窓に 今 手が届いた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ブルーテーブル 歌手:SOPHIA

SOPHIAの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-09-15
商品番号:TOCT-25450
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP