試聴する

おとぎの国の君

この曲の表示回数 48,400

あぁ もし君がいなくなったら なんて
ほんとに 考えられなかったんだ
となりで眠る君の顔
いつでも 触れられるとこにある
コレがなくなるわけないじゃない
コレがなくなるはずないじゃない
太陽が地球を何周かした頃に
僕は一人で朝をむかえた

あぁ もし君がいなくなったらなんて
本当に考えられなかったんだ
となりにいない君の顔
いつでも触れられたはずなのに
現実(いま)を受けとめられない僕
現実(いま)を歩き出そうとする君
太陽が地球を何周かした頃に
僕は一人で朝を迎えた

あれは月にさらわれたんじゃないだろうか?
あれは月にさらわれたんじゃないだろうか?
あれは月にさらわれたんじゃないだろうか?
アレハツキニサラワレタンダ...

あったかい春の日差しも 寒空の下のココアも
君なしじゃただの白黒の絵 味気ないんだ
いつも潤んでた瞳は 僕が好きなとこだった
君なしじゃただの白黒の火 熱くないんだ

ただこんな日々に終わりがくるってこと
僕だけが知らなかったみたいだ
ださくてカッコ悪い僕のこと
忘れないでいて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:おとぎの国の君 歌手:チャットモンチー

チャットモンチーの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-07-05
商品番号:KSCL-1003
キューンレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP