北行き最終便

この曲の表示回数 7,723
歌手:

氷川きよし


作詞:

仁井谷俊也


作曲:

杜奏太朗


アカシアの 花が咲く鋪道(みち)で
つれて行ってと 背中で泣いた奴
羽田発 北行きの最終便
やっぱりおまえが 忘れられなくて
搭乗券(チケット)を握りしめ 迎えにゆくのさ

霧雨に 濡れた首都高速(ハイウェイ)を
急ぐタクシー おまえに逢いたくて
羽田発 北行きの最終便
夜更けの酒場で ひとり飲む時も
身勝手なサヨナラを 悔やんでいたのさ

アカシアの 花に包まれて
微笑うおまえが 今でも瞼(め)に浮かぶ
羽田発 北行きの最終便
ジェットの窓から 覗(のぞ)く故郷(まち)あかり
倖せにしたいのさ 待ってておくれよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:北行き最終便 歌手:氷川きよし

氷川きよしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-05-18
商品番号:COCP-33180
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP