流星

MUCC

流星

作詞:逹瑯
作曲:ミヤ
発売日:2006/05/24
この曲の表示回数:49,724回

流星
小さな花宿す枕木 平行に並ぶ錆びた線路
素足で歩いてく草原 ふと見上げれば月の無い星空
流星降り注ぐパノラマ 何万光年の瞬き
紺碧の清空(せいくう)彩るスパンコールのギリシア神話達
滲んだ爪先 空を見上げる君の手を
引きながら歩いてく汚れたままの掌で
忘れないよ 君が愛した景色の本当の色
だけど今は星屑さえも眩しすぎて
涙を噛み締め震える恋人よ
繋いだその手は 悲しいほど暖かく

忘れないで 君が夢見た未来の美しさを
流星の流れ 消えた星達 君の笑顔
君の空 塞いだ僕を責めてくれよ
見上げた空に 今何を思う?
涙を噛み締め震える恋人よ
繋いだその手は か細く 力無く
流れるあなたの涙が星になり
この空 埋めつくして今、流星に変われ

清空 彩る星々 夜露に濡れた線路の下
朽ち果てた枕木に儚く命宿す白い四弁(しべん)の花
繋いだ手が離れぬように
繋いだ指離さぬように
頭上に降り注ぐ流星
まるで五月雨か小夜時雨
潔癖の大地を裸足で歩くこの線路だけを手掛かりに
繋ぐ君の手は暖かく
汚れたままの掌で
流星降りしきるパノラマ 歩いてく滲んだつま先で
繋いだ手を離さぬように
繋いだ心 千切れぬように

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません