試聴する

夜の渚

この曲の表示回数 10,170
歌手:

石原裕次郎


作詞:

南沢純三


作曲:

野崎真一


月のない 夜の渚に
ひとり来た 俺の心は
風も知らない 海も知らない
掴みそこねた 夢か
うす青い貝がらを 波がさらう

砂を手に 握りしめても
答えなく 指をこぼれる
それが運命さ 俺の運命さ
暗い波音 聞いて
還らない思い出は 砂に埋めよう

ほろ苦い 汐の香りが
泣かせるぜ なぜか今夜は
瞼濡らして 胸を濡らして
そっと口笛 吹けば
ただ重い哀しみが 俺にかぶさる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜の渚 歌手:石原裕次郎

石原裕次郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-05-26
商品番号:TECE-28474
テイチクエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP