ふたりの花道

この曲の表示回数 9,071
歌手:

鏡五郎


作詞:

水木れいじ


作曲:

久保進一


酒じゃ消せない心の憂さも
おまえいりゃこそ 耐えられた
日陰町から苦労坂
ささえてくれたね永いこと
今日からふたりのふたりの花道を

他人に踏まれた世渡り下手の
どこに惚れたか恋女房
つらい世間にすねていた
似たもの同士と言うおまえ
今日からふたりのふたりの花道を

敷居またげば男の世界
あとは頼むよこれからも
晴れの門出と抱きよせて
見上げる夜空に春の月
今日からふたりのふたりの花道を
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ふたりの花道 歌手:鏡五郎

鏡五郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP