ふたつの背中

この曲の表示回数 9,546
歌手:

森本英世


作詞:

荒木とよひさ


作曲:

弦哲也


季節がすぎれば 忘れられるよ
しあわせ薄い 昔のことも
君だけの 青い空
俺でよかったら
涙をぬぐって 昨日をすてて
まわり道していた ふたつの背中

胸の痛みは この手のひらで
さすってあげる 隣でいつも
君だけの 悲しみを
分けてくれるなら
想い出なんかは どこかに忘れ
陽だまりによりそう ふたつの背中

もしも涙が こぼれてきたら
話してごらん 心の中を
君だけの 人生じゃ
今はないんだよ
小さなあしたに はぐれぬように
まわり道していた ふたつの背中
まわり道していた ふたつの背中
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ふたつの背中 歌手:森本英世

森本英世の新着情報

  • 酔恋 / ♪ひとり暮しにもなれたけど

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-07-23
商品番号:CRDN-620
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP