試聴する

Room201

この曲の表示回数 14,676

ぼくは今ベッドで丸くなって つまらないこと考えてる
悪い予感のひとつひとつに 子供みたいにダダをこねて

真夜中すぎ君に会うために もつれた足でぼくはただ走った

君と何を最後に話すのだろう… いろんな言葉が散らかったまま
ときどき冷蔵庫のうなり声が まるで誰かの返事のように響いた
真夜中せまい路地裏をぬけて 走ったぼくは影においこされた

いま君のそばで いま君の近くで
なにがかわってしまったのだろう
いま君のその手は いま君の笑顔は
何を求めているのだろう

明け方に寝るクセがついて 家族中から煙たがられた
いつの間にか朝が訪れると ほんの少し君がはなれた気がした

息が切れるまで走ったけど ほんとはろくに前に進んじゃいない

いま君のそばで いま君の近くで
なにがかわってしまったのだろう
ねぇ君の思いは ねぇぼくのこれからは
どこに向かってゆくのだろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Room201 歌手:スガシカオ

スガシカオの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-10-03
商品番号:UMCK-1055
キティMME

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP