エ・ク・ボ

この曲の表示回数 4,988
歌手:

松井雄飛


作詞:

松井雄飛


作曲:

松井雄飛


マフラーが揺れる夜
君と待ち合わせた
十九時の時計台

就職の二文字で
君はこの春から
東京の女性になる

降り出す
白い粉雪が
この街
埋め尽くしてゆく

君を抱きしめていたいよ
温もりが痛いよ
「幸せ」が君自身だった
僕は明日さえ見えずに
この街に残って

何を思うだろう

どうしようも出来なくて
もどかしい気持ちで
君の手を引いて歩く

逃げてる
確信を避ける
会話が
別れを指してた…

僕の隣にいる人が
大切な君が
いなくなってしまう前に
僕の言いたくて言えない
本当の言葉は

「行かないでほしい」

君を抱きしめていたいよ
温もりが痛いよ
「幸せ」が君自身だった
僕は明日さえ見えずに
この街に残って

何を思うだろう

「何を歌えばいい」
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:エ・ク・ボ 歌手:松井雄飛

松井雄飛の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP